痛みを軽減できるメリット

歯医者

歯列矯正の治療は、専用の装置をつけて時間をかけながらおこなわれますが、その際に痛みが生じることがあります。なぜ痛いのかというと、器具によって歯を動かすときの痛みや、食事でものを噛むときの痛み、そして装置が口の中などに当たるときの痛みがあるからです。こうした痛みの感じ方には個人差があるのですが、痛いのは嫌だということで、矯正治療そのものを敬遠している人もいるかもしれません。しかし最近は、技術の進歩によって痛みを少なくするような装置が開発されているほか、痛みを和らげるための治療や方法もあります。そのため、歯列矯正は痛いのではないかという不安を持っている人でも、こうした装置などを使えば、痛みを軽減できるというメリットが得られるのです。

歯科でできる方法

歯科矯正

歯列矯正で痛いと感じるとき、歯科でできることとしては、まず「形状記憶型ワイヤー」という装置を使う方法があります。この形状記憶ワイヤーを使うと、弱い力でしっかりと歯を移動させることができるため、強い力をかける場合よりも痛みを少なくすることが可能です。そして歯科では、「レーザーを使った治療」を施すことによって痛みの原因を減らすということもできます。特殊なレーザー光を照射すると、痛みの原因になっている物質を少なくできますし、抗炎症作用もあるため口内炎の予防にもなるのです。さらに歯科では、高い周波数の電波などをあてることによって代謝を高め、同時に痛みも減らすことができるという「高周波治療」も受けることができます。

自宅でもできる方法

キーボード

矯正装置をつけていると、自宅でも痛いと感じることがありますが、そのときに痛みを緩和する効果があるものとしては「ソフトプレート」と呼ばれるものがあります。ソフトプレートは、弾力性のある樹脂でできたプレートであり、歯が痛いときに噛むと痛みを軽減することができます。次に挙げられるのは、「プレイスガード」であり、頬の粘膜が刺激されて痛いときに装置を覆うようにして装着すると痛みを少なくすることが可能です。さらに、装置が唇の内側に当たって痛みを感じる場合は、「リップガード」と呼ばれるものを装着すると効果があります。リップガードは、簡単に着脱できて繰り返し使えるため、トランペットなどの楽器を演奏するときなどに使用されることが多いと言えるでしょう。また、自宅でおこなうことができる痛み対策としては、他にも痛み止めを飲むという方法があります。ただし痛み止めは、矯正の効果を弱めたり体に負担がかかったりすることがあるため、どうしても我慢できないときにだけ使うようにしましょう。